格安SIM徹底解説|2台目スマホでオススメな格安SIMはこれ!

2台目スマホにオススメ!格安SIMの料金、プランを徹底解説!

格安SIMの料金、プランを徹底解説

ゲームアプリを多く入れたり、音楽をたくさんいれたりするとだんだん動作が遅くなってくるスマホ。

 

ゲームをしている時や動画を見ている時に電話やメールが来ると集中して楽しめませんよね。

 

そんな時に思うのが自分専用の2台目のスマホを持つこと。

 

 

スマホで音楽を聴いていたり、映画を見ている時に仕事の電話がかかってきて集中できない。

 

スマホも古くなってきたし、プライベート専用の2台目スマホを買おうかな!


自分専用の2台目のスマホがほしい、電話はできなくていいけどラインが使えればいい、そして、月額料金は絶対に安くしたい!
そんな方に強くオススメできるのが格安SIMです!

 

目的別オススメ格安SIM

格安SIMの種類はたくさんありますが2台目のスマホをどんな風に使いたいか考えればすぐに見つけることができます。

 

ここでは以下の用途にあった格安SIMを紹介します。

 

目的にあったオススメ格安SIM

 

目的 オススメ格安SIM
かけ放題がついてネットもしっかり使いた 楽天モバイル
LINEだけ使えて月額料金や安くしたい LINEモバイル
Youtubeや音楽ストリーミングを楽しみたい BIGLOBEモバイル
とにかく速度が速いのがいい UQモバイル

 

2台目スマホでも通話とネットをしっかり使いたいなら楽天モバイル

楽天モバイルのトップ

楽天モバイルオススメのポイント

 

  • 月額データプランなら525円から、音声プランなら1,250円から持てる
  • 5分以内の通話無制限かけ放題が月額850円
  • 速度制限になっても1Mbps使い放題&5分かけ放題のお得パック
  • 最新SIMフリースマホのセット販売が充実
  • iPhoneも使える

 

2台目のスマホも1台目のスマホと同じように通話をしたい!

 

もちろんインターネットもゲームもしたいし、2台目のスマホを買うなら最新のスマホを使いたい!

 

そんな方にオススメなのが楽天モバイル

 

SIMだけの契約なら音声プランで1,250円から申し込みができて、データ容量も30GBまで選ぶこともできまし、テザリングも使うことだってできます。

 

2台目スマホも1台目スマホと同じように使いたい方にオススメなプランがスーパーホーダイ。

 

1,980円から使うことができるプランで速度制限が発生したとしても動画やネットをストレスなく使える1Mbpsは出て電話も10分かけ放題がついてるプランです。

 

しかも楽天カードの会員ランクがダイヤモンド以上なら月額料金が500円割引になるという特典もあります。

 

むしろ、キャリアスマホは解約してメインスマホとして楽天モバイルをオススメすることもできるくらい使い勝手がいい格安SIMです。

 

 

とにかく月額料金を安く抑えたい!500円から使えるLINEモバイル

lineモバイルのトップ

 

LINEモバイルのオススメポイント
  • 最安値プランで月額500円で1GB&LINEアプリで発生したデータ容量カウントフリー
  • 全プランLINEアプリで発生したデータ容量はデータ容量は使った分としてカウントされない
  • LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムで発生したデータ容量をカウントしないプランもある
  • かけ放題プランは10分で月額880円

 

とにかく月額料金を安くしたい!
電話はできなくていいけどラインのアプリは使いたい!

 

そんな方にオススメな格安SIMがLINEモバイル

 

1GBプランでLINEアプリを使っての音声通話、チャットで発生したデータ容量はカウントしないプランで月額500円から使うことができるので、とにかく月額料金を抑えたい、連絡はラインがあれば十分という方にすごくオススメできる格安SIMです。

 

料金だけでなくプランも充実。

 

コミュニケーションフリープランでは3GB〜10GBまで選べてラインだけでなく、インスタ、ツイッター、フェイスブックで発生したデータ容量は使ったデータ容量としてカウントしないプランもあります。

 

かけ放題プランだって10分かけ放題を月額880円で使うことができます。

 

2台目スマホは安くてOK!という方には絶対にオススメです。

 

youtubeや音楽ストリーミング、スマホを楽しみたいならBIGLOBE mobile

ビックローブモバイルのトップ

 

BIGLOBEモバイルのオススメポイント
  • Youtube、AppleMusicを始め他10種類のエンタメサービスでデータ容量カウントフリー
  • ドコモ、auの回線エリアで使えるからドコモとauからの乗り換えラクラク
  • クレジットだけでなく口座振替でも支払える

 

2台目のスマホを契約する目的は音楽ストリーミングを使ったりYoutubeなどの動画専用端末にしたい。

 

でも、使いすぎるとすぐに速度制限になるから解決方法はないかな。

 

そんな方にオススメな格安SIMがBIGLOBEモバイル

 

BIGLOBEモバイルで人気のエンタメフリー・オプション

 

内容は下記のサービスで発生するデータ容量は使ったデータ容量とカウントされず、ずっと速度制限を気にしないで使うことができるようになるんです。

 

エンタメフリー・オプションでカウントフリーになるサービス

 

  • youtube
  • Google Play music
  • Apple music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • Youtube Kids

 

どのサービスもキャリア契約のスマホで毎日使うとすぐに速度制限になってしまう原因になるアプリやサービスばかり。

 

BIGLOBEモバイルなら速度制限やデータ容量を気にしないで使うことができるんです!

 

回線サービスはドコモエリアプランかauエリアプランの2種類から選ぶことができるので、ドコモやauから乗り換えてBIGLOBEモバイルに乗り換えようと思っている方でもラクラク乗り換えができるんです。

 

 

とにかく通信速度を重視したい!そんな方にはUQモバイル

UQモバイルのトップ

 

UQmobileのオススメポイント

 

  • au 4G LTEのプラチナバンドをカバー
  • auのサブブランドSIMだから速度も納得
  • 全国のWiFiポイントが無料で使える

 

auのサブブランドのUQmobile

 

回線エリアはauの4GLTEエリアと3Gエリアで使えて、通信速度も800MHzのプラチナバンドで使うことができます。

 

格安SIMって回線が遅いと心配な方にはすごくオススメなSIMなんです。

 

モバイルルーターのWiMAXを販売しているUQなので、全国の飲食店やカフェにあるWiFiポイントを無料で使うことができるのもうれしいです。

UQmobileが使える無料WiFiポイントを見てみる

auから格安SIMに乗り換えたい。
格安SIMにしても通信速度は速いほうがいい。

 

そんな方にはUQモバイルはオススメできます。

 

 

オススメのキャンペーン実施中の格安SIM

lineモバイルのトップ

 

キャンペーン内容
  • ソフトバンク回線を申し込むとデータ容量が2倍
  • 通信速度が1回でも1Mbpsを下回ったら全ユーザーに1GBプレゼント
  • 月額料金はドコモプランと同じ

7月2日に開始されたソフトバンク回線プランを記念して7、8月中に申し込むと契約したデータ容量が2倍キャンペーンを行っています。

 

月額料金もドコモプランと全く同じで月額500円から使うことができます。

 

しかも、キャンペーン期間中に1回でも速度が1Mbbsを下回ったら全ユーザーに1GBプランをプレゼントするという太っ腹企画。

 

ソフトバンクスマホで格安SIMを使いたいと思っていたユーザーにとってはすごくオススメ!

 

もちろん、ドコモスマホやSIMフリースマホを使いたいと思ったいた方もLINEモバイルはすごくオススメ!

 

HUAWEI P20も分割で購入できるからLINEモバイルなら最新スマホを格安で使えちゃいます

 

 

当サイトオススメ格安SIM

楽天モバイルのトップ

 

>
オススメポイント
  • 10分かけ放題があるからメインスマホとしても使える
  • 楽天カードがあるなら割引あり!
  • 最新スマホが常に格安で手に入る!

 

楽天モバイルには組み合わせプランとスーパーホーダイプランの2種類があります。

 

スーパーホーダイプランなら10分かけ放題があるのでメインスマホとしても使えて月額料金も安く使えます。

 

楽天モバイルと比較しがちなのがワイモバイル。

 

料金やデータプランを比べてみると楽天モバイルのほうが料金もデータプランも上回っていることが分かります!

 

ワイモバイルの料金

ワイモバイルの料金

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの料金

ワイモバイルの場合だと契約して1年目に月額料金が1000円高くなり、2年目になるとデータ容量が1GB減ります。

 

楽天モバイルの場合、何年間契約してもデータ容量は同じで2年間の月額料金はそのまま。

 

ダイヤモンド会員だともっと安くなります。

 

割引後の価格も楽天モバイルのほうが安いんですね。

 

楽天モバイルは全国にショップが増えてきて端末の不具合時や契約内容で分からないことがあった時に相談しやすくなっています。

 

組み合わせプランなら月額525円から使えるので、楽天モバイルなら2台目スマホとしてもメインスマホとしても使えること間違いなし!

 

とにかく安い格安SIMが知りたい!かけ放題でオススメな格安SIMを知りたい!
そんな方はこちらで目的別にみるオススメ格安SIMを紹介しています!

 

 

2台目スマホは絶対に格安SIM!格安SIMなら断然安くスマホを持てる!

 

2台目スマホを契約しようと思っている人に絶対にオススメなのが格安SIM。

 

  • スマホを2台持ちしたいけど料金が高くなるからあきらめていた!
  • スマホの月額料金は1万円以内に収めたい!
  • 今のスマホ料金に不満しかない!
  • iPhoneでも使えるか心配だった!

 

スマホを2台持ちたいけど月額料金が1万円を超えてしまうから諦めていた。

 

無駄なプランをいくら解約してもなかなか安くならない。

 

スマホの月額料金に不満がある人の悩みをすべて解決してくれるのが格安SIMなんです。

 

格安SIMはiPhoneだと使えないんじゃないの?と心配になりますが、キャリアiPhoneでもSIMフリーのiPhoneでも使うことができるので安心してください!

 

代表的な格安SIM4社の5GBプランを見てみましょう。

 

格安SIM5社の5GB音声プランの月額料金

 

格安SIM 5GB音声プランの月額料金
楽天モバイル 2,150円
LINEモバイル 1,640円
マイネオ 1,580円(6GBプラン)
UQモバイル 2,980円(Mプラン、6GBプラン)

 

今、契約しているデータ容量プランの月額料金はいくらですか?

 

多くのキャリアだと一人で契約するタイプだと5GBで5,000円。

 

シェアパックで5GBで6,000円が料金になっています。

 

2台目のスマホを契約することを考えると5GBプランをもう1契約増やすか、今契約しているデータ容量をシェアするプランを考えると思います。

 

ただ、5GBプランをもう1契約増やすと月額料金は2万円近くなってしまいますし、かといって、今、契約しているデータ容量をシェアするプランにすると結果的に使えるデータ容量が減ってしまい使いづらくなってしまいます。

 

2台目のスマホで映画や音楽ストリーミングを使いすぎてメインスマホを使おうと思ったら速度制限が発生してしまい使い物にならなくなってしまった。

 

こんなことがあるんです。

 

しかし、2台目スマホを格安SIMにすれば問題解決。

 

データ容量をみるとキャリアで2台目スマホを契約するとなると5,000円〜8,000円も料金が上がるのに対して、格安SIMなら1,500円〜3,000円で済みます。

 

 

メインスマホを格安SIMにしたらもっと月額料金を下げることができます。

 

 

月額でみると2,000円〜3,000円も安くでき、1年間でみると約36,000円2年間でみると約72,000円もスマホ料金を下げることができるんです!

 

  • 月額料金を安くすることができる。
  • メインスマホのデータ容量に影響がない。

 

2台目のスマホを契約する上での問題を解決することができるんです!

 

2台目スマホを買うならキャリア?格安SIM?どっちがオススメ?

 

2台目のスマホの契約を考えるとまず悩むのがこの2つ。

 

  • 今のキャリアで契約するか、格安SIMで契約するか?
  • 格安SIMで契約するメリットってなんなの?

 

 

お手軽に簡単に契約できるのは今契約しているキャリアで契約することかもしれませんが、月額料金がすごく高くなってしまうのは避けれません。

 

 

メインで使うスマホでないから、できるだけ安い料金で手に入れたい!というのが本音ですよね。

 

2台目スマホをキャリアと格安SIMで契約した時の料金の違い

 

ドコモ、au、ソフトバンクで2台目スマホを契約した場合

iPhoneXの64GB、20GBを契約した場合の料金で計算しました。

 

2台目の端末代金は24回の分割にした場合で計算しました。

  機種代金+データ料金※(契約プランによって変わります) 2台目の端末代金(24回の分割) 合計料金
ドコモ 12,555円

 

約5,000円

17,555円
au 10,200円 15,200円
ソフトバンク 9,756円 14,756円

 

格安SIM(楽天モバイル)でスマホを契約した場合

 

ここでは例として楽天モバイルで契約した場合の料金で紹介します。

 

 

プランは3.1GBプランで格安スマホも同時購入で24回の分割にした場合の料金で計算しました。

 

  データプラン 機種代金(24回の分割支払い)アンドロイド端末 合計
楽天モバイル 1,600円 平均分割約2,000円 3,600円

 

今使っているキャリアで2台目のスマホを契約すると月額料金が15,000円〜20,000万円近くなってしまいます!

 

 

しかし、楽天モバイルならSIMだけの契約なら月々1,600円から契約することができ、格安スマホを同時購入したとしても月々3,600円で2台目のスマホを持つことができるんです!

 

キャリア契約のまま2台目スマホを楽天モバイルにした場合の月額料金
  1台目スマホの月額料金 楽天モバイルの月額料金 合計
ドコモ 12,555円

 

1,600円

14,155円
au 10,200円 11,800円
ソフトバンク 9,756円 11,356円

2年間契約しているとなると2台目スマホを格安SIMにするだけで81,600円もの節約になります。

 

格安SIMの多くはドコモから回線を借りていることから、ドコモの通信エリアで使うことができます。

 

メインで使う訳ではないのであれば少しでも安くしたいスマホ料金。
それならキャリアで2台目のスマホを契約するより格安SIMで契約したほうが断然お得なんです!

 

格安SIMの安さの秘密は回線をキャリアから借りていることにある!

 

ドコモやau、ソフトバンクでスマホを契約すると1台で9,000円〜10,000円。

 

 

2台目も契約するとなると月額15,000円ちかくなってしまいます。

 

 

比べて、格安SIMでスマホを契約するとSIMだけの契約なら月額500円から契約できたり、格安スマホとSIMのセットであっても月額3,000円から使えたりと、キャリアスマホと格安SIMの料金の差におどろきます。

 

この安さの違いは何があるんでしょうか?

 

格安SIMの安さの秘密は通信回線の設備販売方法の違いにあるんです。

キャリアスマホと格安SIMの違い
  キャリア 格安SIM
通信設備 設備投資、管理、維持は各キャリアで行う キャリアから回線をレンタル、借りてSIMを販売
販売方法 主に店頭、専門ショップで販売 主にネットで販売

 

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は全国にある通信回線を作ることから維持、管理を自社ですべて行っています。

 

新しい通信アンテナも立てているので、通信監理コストが高くなってしまうんですね。

 

また、販売方法も販売する店舗を何店舗も運営したり、家電量販店での販売などが中心なので運営コストがどうしても高くなってしまいます。

 

満足できる回線速度を提供するためやサポートを維持する費用が月額料金の高さに反映されているんです。

 

比べて格安SIMは各格安SIMで通信設備を維持、運営しているわけではなくドコモやauから回線を借りてSIMカードを販売しています。

 

なので、>通信設備を維持するコストは発生していないんです。

 

販売方法もネットでの販売方法を中心にすることで店舗維持や販売費用を抑えることで月額料金を安くしているんです。

 

格安SIMだとリアルな店舗がないのでサポートが心配になりますが、その代わりコールセンターを充実させたりと対面ではなくネットや電話でのサポートに力を入れているんですね。
キャリアと格安SIMとでは販売方法や費用をかけるところが違うんです。

 

なので、格安SIMは料金を安く、ドコモやau回線で使うことができるんです!

格安SIMはドコモやauから回線と借りている

格安SIMの料金がなぜ安いのかという理由でも少し触れましたが、格安SIMの仕組みはこのようになっています。

 

格安SIMの仕組み

ドコモやauから回線を借りる

各格安SIMが安い価格でSIMカードを販売

格安SIMはドコモやauから回線を借りてSIMカードを販売しています。

 

なので、各格安SIM会社の通信種別はMVNOがどこのキャリアから回線を借りているかで変わってきます。

メモ
MVNOとは仮想移動体通信事業者と略で格安SIMを販売している会社のことを言います。

楽天モバイルやLINEモバイルはドコモから回線と借りていますし、UQモバイルはauから回線を借りてSIMカードを販売しています。

 

マイネオやBIGLOBEmobileやドコモとauから回線と借りているのでドコモやauの回線プランから選ぶことができるという訳です。

 

格安SIMだから回線エリアが狭いということはないので今スマホを使っているエリアで格安SIMを使おうと思っているのであれば格安SIMだから圏外になるという心配も絶対にありません。

目的にあった格安SIMがたくさん!2台目スマホを格安SIMにすればお得に使える!

 

格安SIMはキャリアと違って、大きな特徴があり目的にあったスマホの使い方をしやすいです。

 

MVNOによっては2台目スマホと言わずメインのスマホにして使うことだってできます。

 

メインのスマホを格安SIMにすればスマホ料金を大きく安くすることができますね。

 

だって、キャリアスマホだと月額10,000円近く発生した料金が格安SIMなら2,000円にすることだってできてしまいます。

 

2年間格安SIMを使った場合キャリアと格安SIMの料金の差は単純に計算しても192,000円。

キャリアで2年契約(月額1万円) 格安SIMで2年契約(月額2,000円) 2年間の差額
240,000万円 48,000円 192,000円

2台目スマホをどこで契約するか悩んでいる。

 

そんな方はぜひ2台目スマホは格安SIMにしてみてください!

 

料金の安さや使いやすさに満足するハズです!

2台目のスマホはドコモ?格安SIM?

2台目のスマホの購入を考えるとまず思いつくのが、今契約しているキャリアで2台目のスマホを契約すること。

 

ドコモ、au、ソフトバンクではデータ容量のシェアプランがあるので、1台目のスマホより2台目のスマホのほうが安く持てますからね。

 

しかし、いくら2台目のスマホが安く持てるからといっても格安SIMより高くなってしまうのはさけれません。

 

ドコモの〜5GBでシェアパックを使った場合の月額料金
月額料金 シェアオプション 合計
〜5GB 6,500円 500円 月額7,000円
〜10GB 9,000円 500円 月額9,500円

 

ドコモの場合だと一番安いベーシックシェアパックだと安くて月額7,000円からになります。

 

ここで注意したいのが、データ容量を使った分だけ料金が上がっていく仕組みになっていること。

 

使用データ容量が15GBを超えたところで月額料金が15,000円になります。

 

合わせて、データ容量の月額料金にスマホ本体代金も含まれるので安くても約1万円程度の月額料金になると思われます。

 

それなら1台目のスマホはドコモやau、ソフトバンクスマホをそのまま使い、2台目スマホを格安SIMを使うなんて方法をオススメ。

 

例えば楽天モバイルでベーシックプランを契約した場合の月額料金はこのようになります。

 

楽天モバイルの音声プランを申し込んだ場合の料金
データプラン 月額料金 10分かけ放題 合計料金
ベーシックプラン(音声プラン) 1,250円 850円 2,100円

 

データ料金だけで2,100円で2台目のスマホを持つことができます。

 

使うスマホも楽天モバイルにはSIMフリースマホが豊富にそろっていますし、SIMフリースマホは一括でも1万円〜2万程度で良い機種を手に入れることができます。

 

分割支払いにしても月々約2,000円程度の支払いになるので、データ容量と端末代金の分割支払い料金を合わせても約4,000円程度。

 

これならドコモなどでスマホ2台目を契約するより安く持つことができます。

 

ドコモ1台と楽天モバイル1台を持った場合の月額料金
月額料金 かけ放題 合計
ドコモ 5GB(5,000円) 2,700円 7,700円
楽天モバイル ベーシックプラン(1,250円) 850円 2,100円

合計料金9,800円

 

ドコモやauで2台目スマホを契約した時のように勝手に月額料金が上がったりしないので安心して使うことができるんです。

2台目スマホの使い道は仕事用から私用まで様々

 

ふと考えるのがスマホを2台持つことでどんないいことがあるかどうかということ!

 

2台目のスマホの使い方は人それぞれ。

 

代表的な使い方だとこんな使い方があります。

 

2台目スマホの使い方
  • youtubeやHuluなどの動画専用
  • SpotifyやAWAなどの音楽ストリーミング用
  • 写真を取る専用
  • ゲーム専用
  • 仕事専用のスマホ

 

BIGLOBEモバイルのエンタメフリープランを使うとyoutubeやAWAといった音楽ストリーミングサービスで発生したデータ容量は速度制限にならないプランがあったり、HUAWEI製のP20だとライカ製のレンズを搭載していることから写真専用のスマホとして使う。

 

LINEモバイルなら10分かけ放題の他にLINEアプリで発生したデータ容量は使った分のデータとしてカウントしないので仕事用として使う。

 

 

このようにして人それぞれ違った使い方、自分の趣味にあった方法でスマホを使うことができます。

 

1台のスマホでも十分できますが、音楽を聴いたり動画を見たりインターネットをしたりすると半日で充電が切れてしまうことはよくあります。

 

仕事が終わって帰り道にスマホで楽しもうと思ったら充電が切れてなにもできない!ということはよくあること。

 

そんなことがスマホを2台持つことでなくなるんですね。

仕事用で2台目の携帯を持つ時に重視したいポイントもカバーしている

 

仕事のやり取りを電話ですることが多くなってきたから、仕事用で新しい携帯がほしいと思うのはよくあること。

 

仕事で携帯を持つのであればこんな事は絶対に重視したいです。

 

仕事用スマホで重視したいポイント
  • かけ放題はあるか
  • 高額な料金ではないか
  • すぐに解約できるか

 

仕事用で携帯を使うとなると文章のやり取りより電話でのやり取りが多くなります。

 

そんな時に注目したいのがかけ放題プランがあるかどうか?

 

格安SIMのかけ放題の多くは10分かけ放題が主流。

 

業種によっては10分以上の通話になることもあるので、長電話が多い方には格安SIMは向きません。

 

しかし、毎回の電話が短い方には格安SIMはすごくオススメです。

 

 

もう1つが高額な料金ではないか?

 

格安SIMはキャリアで2台目スマホを持つより安くできるのは目に見えています!

 

使っていないスマホを持っているのであればLINEモバイルのように月額500円から使える格安SIMや、3GBで月額1,600円の楽天モバイルなど種類は豊富。

 

安くスマホが持ちたい!というポイントもクリアできます!

 

最後に注目したいのがいつでも解約できるか

 

スマホの契約となると最低でも2年間の契約、長くて4年間。

 

契約期間途中で解約すると1万近い違約金と本体代金が請求されます。

 

そんなことは格安SIMではありません。

 

一般的な格安SIMの最低利用期間
データプラン 音声プラン
無し 9ヶ月〜12ヶ月

 

格安SIMの多くはデータ専用SIMの契約だとなし、音声付きSIMの契約だと9ヶ月〜12ヶ月の最低利用期間になります。

 

しかも、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しません

 

ドコモやソフトバンクのように自動更新ではないんです。

 

マイネオだとデータSIMプラン、音声SIMプランともに最低利用期間がない格安SIMもありますが、ほとんどの格安SIMはデータプランはなし、音声プランで9ヶ月〜12ヶ月の最低利用期間になっています。

 

なので、やっぱり2台目のスマホがいらなくなった!という場合でも無理なく解約ができるんです。

 

いつでも解約できるのが格安SIMの良い所なんですね。

page top