格安SIMとは何?これを読めば格安SIMの仕組みが分かる

格安SIMってなに?格安SIMの疑問を徹底解決

スマホとSIMカード

 

今まではスマホにはSIMロックが掛かっていて、契約したキャリア以外のSIMカードは使えませんでしたが、格安SIMの普及と同時にスマホのSIMロック解除が義務化された影響で多くの人に格安SIMが広まってきています。

 

格安SIMを使うと、毎月のスマホ料金を1,000円〜5,000円くらいに抑えることが出来るので、多くの人に注目されています。

 

ドコモなどのキャリアで契約すると、毎月のスマホ料金が家族4人で4万円になるというのは普通のことですからね。
それに比べると、格安SIMは驚きの価格まで下げることができます。

 

でも、まだ格安SIMというのはスマホに詳しい人が使うもの、なんか難しい!というイメージがあります。

 

いいえ!そんなことはありません!
実は格安SIM、SIMフリースマホはものすごく簡単なものなんです。

 

 

この記事で紹介していること!
  • 格安SIMがなぜ安いか
  • 格安SIMのメリット、デメリット
  • 使える端末の違い
  • 格安SIMの回線は遅いの?
  • キャリアから格安SIMへMNPはできるの?

格安SIMってなんか聞いたことあるけど、よく分からない!

 

そんな疑問を解決します!

格安SIMとはキャリアのスマホ月額料金より安く使えるスマホ

まず、そもそもSIMカードというものはなんなのでしょうか?

 

SIMカードとはこのようなものです。

 

ソフトバンクのSIMカード
※ソフトバンクのSIMカード

 

SIMカードとは通信キャリアでスマホを契約した人の情報が入っているカードで、このカードをスマホに挿すことで使うことができます。

 

逆にSIMカードがセットされていないと電話やケータイ会社が提供している通信は出来ないことになります。

※SIMカードが入っていないスマホでもWiFiにつなげられる環境があればインターネットは使えます。
ただ、電話やキャリアメールは利用できません。

 

普段はあまりSIMカードを見ることはありませんが、スマホを契約するときにカウンターで、カード状のものから何かを切り離してスマホに入れている場面がありませんか?

 

 

それがSIMカードです。

 

 

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクから回線を借りている業者

 

 

格安SIMとはドコモ、au、ソフトバンク以外のキャリアから販売されているSIMカードのことをいい、月額料金も最安で500円から使えたりすることから格安SIMと言われています!

 

 

なぜ月額料金が安いのか!
それにはこんな理由から月額料金が安いんです。

 

格安SIMの月額料金が安い理由
  • 受付店舗がない
  • 申し込みはネットが中心
  • 回線はキャリアからレンタルしているから回線維持費がかからない
  • SIMカードだけの販売をしている

 

このような理由から格安SIMはドコモなどと比べて驚くほど安い料金でスマホを使うことができるんです。

 

格安SIM=MVNOとも言われている

 

格安SIMは別名MVNOと言われています。

 

MVNOとは「仮想移動体通信事業者」の略。

 

格安SIM=MVNOと覚えてもらって大丈夫です。

 

このサイトでは分かりやすいように格安SIMで統一しています。

格安SIM会社によって回線の種類が違う

格安SIMはドコモなどキャリアの回線をレンタルして使うことができると紹介しました。

 

実は格安SIMによって回線の種類が違ったり、複数のキャリア回線を取り扱っている格安SIMがあるんです。

ドコモ回線系格安SIM au回線系格安SIM ソフトバンク系格安SIM

 

回線の種類としてはドコモ回線の格安SIMが圧倒的に多いです。

 

LINEモバイルはドコモ回線プランかソフトバンク回線プランから選ぶことができ、マイネオはドコモ回線かau回線、ソフトバンク回線の3つの種類から選ぶことができます!

 

1つの格安SIM会社から3つの回線の種類を選ぶことができるのも格安SIMの特徴の1つなんです。

 

格安SIMで使えるスマホはSIMフリー&全キャリアスマホが使える

 

格安SIMで使えるスマホはSIMフリーのスマホかSIMロック解除をしたスマホだけと思われています。

 

実は格安SIMで契約する回線と使うスマホを購入したキャリアが同じであればSIMロック解除をすることなく格安SIMを使うことができるんです。

 

格安SIMの回線別にみる使えるスマホ
契約する格安SIMの回線 使えるスマホ
ドコモ回線の格安SIM

SIMフリースマホ
ドコモ版スマホ

au回線の格安SIM

SIMフリースマホ
au版スマホ

ソフトバンク回線の格安SIM

SIMフリースマホ
ソフトバンク版スマホ

基本的にSIMフリーのアンドロイドスマホかiPhoneであれば回線の種類関係なく使うことができます。

 

ドコモから購入したスマホなどキャリアで購入したスマホで格安SIMを使う場合だと、格安SIMで契約する回線が同じであればSIMロック解除することなく使うことができます!

 

ドコモ版のスマホにau回線の格安SIMは使えないので気を付けてください!

 

格安SIMに乗り換えるとスマホ料金はこんなに安くなる!?

 

格安SIMに変えると一体、今のスマホ料金からどのくらい安くなるのでしょうか?

 

DMMモバイルと楽天モバイルの料金を見ていきます。

 

DMMモバイルの料金

DMMモバイルの月額料金プラン

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの月額料金プラン

 

多くの人がスマホの毎月のプランは1人で5GB、家族で10GB〜20GB契約が多いです。

 

5GBだと機種代合わせて毎月1万円。
10GBだと機種代を合わせると約1万5,000円以上掛かります。

 

 

4人家族だと単純計算で毎月4万円がスマホ代に消えている計算になります。

 

 

しかし、DMMモバイルでは5GBで1,380円、10GBで2,890円。

 

 

楽天モバイルの10GBでは2,960円で使うことができます。

 

 

これを見ると格安SIMと言われる理由が分かりますね。

 

格安SIMのメリット、デメリット

 

格安SIMは月額料金が安くて、キャリアから乗り換えればスマホ料金を大幅に乗り換えることができます。

 

しかし、メリットもあればデメリットもあります。

 

デメリット
  • キャリアメールがない
  • 支払いはクレジットカードのみが多い
  • サポート店舗が少ない
  • データSIMや音声SIMなど種類が多い
  • 無制限のかけ放題がない

格安SIMに乗り換えると、@docomo.co.jpなどのキャリアメールが使えなくなります。

 

キャリアメールで登録していたサービスは格安SIMへ乗り換え前にアドレスを変更しておいてください。

 

他に対応している支払い方法がクレジットカードのみであったり、キャリアのようにサポートしてくれる店舗が少ないのも格安SIM特有のデメリットです。

 

かけ放題は、無制限のかけ放題がないですが毎月回数無制限の10分かけ放題であればほとんどの格安SIMにあります。

 

メリット
  • データ通信専用など選択肢が豊富
  • 使えるスマホの種類が豊富
  • 月額料金がものすごく安い
  • 最低利用期間は最長で1年

メリットも多くあり、データ通信専用SIMや音声通話対応SIMなど自分に最適なプランでスマホを使うことができるのも格安SIMの良い所!

 

月額料金も安い。

 

また、格安SIMの最低利用期間は音声プランで1年間、データ通信SIMプランに限っては最低利用期間無しの場合がほとんどなんです!

 

キャリアスマホのように2年ごとの自動更新ではないんです!

 

格安SIMの通信エリアはキャリアと同じ

格安SIMで使える回線エリアは、申し込む格安SIMの回線の種類によって変わります。

 

格安SIMで使える回線エリア
  • ドコモ回線=ドコモエリア
  • au回線=auエリア
  • ソフトバンク回線=ソフトバンクエリア

 

回線エリアはドコモ回線ならドコモエリアで使えるといったように、回線キャリアと同じ回線エリアで使うことができます!

 

格安SIMだから回線エリアが狭いということはないので安心して使えます!

 

山奥などではドコモが強いですが、市内や街内であればどのキャリアでも問題なく使えますので、格安SIMも同じように使うことができます!

 

 

かけ放題は10分かけ放題プランが主流

 

ドコモなどキャリアの契約では通話料金は毎月2,700円で話したい放題になっている人がほとんどです。

 

キャリア契約であれば通話料金関係なく通話ができますよね。

 

その反面、電話を全く使わなくても2,700円の料金は変わらないので、まったく電話をしない月は損をしてしまいます。

 

 

格安SIMの通話料金は基本的に固定電話のように通話した分だけ請求される仕組みです。
なので、毎月の料金をデータ通信のみの料金だけに出来るので、格安SIMは毎月の料金を安くすることが出来るのです。

 

格安SIMの基本的な通話料金
  • 30秒20円

 

 

この料金は約1時間話すと約2,700円発生する計算になるので、毎月の通話時間が1時間以内なのであれば、格安SIMが断然お得になります。

 

 

通話アプリを使えば、30秒10円にできたり、楽天モバイルなどの10分かけ放題プランを使えばもっと通話料金を抑えることができます。

 

多くの格安SIMに10分かけ放題プランがあるので毎月いろんなところに電話がすることが多いのであれば10分かけ放題プランを申し込んでおけば通話料金が高くなることなく電話をすることができます。

 

合わせて、LINEやFacebookのメッセンジャーなどで音声通話は代用もできます。

 

このような電話機能を使えば通話料金を抑えることができますので、通話料金は定額にしなくても、気にしなくても大丈夫。

おサイフケータイやワンセグは格安SIMでも使える

 

格安SIMが販売された当初は、SIMフリースマホが海外スマホしかなかったですが、今では、国内メーカーがSIMフリースマホを販売しているのでおサイフケータイや、ワンセグなど日本独自のスマホ機能を搭載したSIMフリースマホもたくさん販売しています。

キャリアからMNP(ナンバーポータビリティ)を使って乗り換えもできる

 

格安SIMに乗り換えたいけど、今使っている電話番号は変えたくない。

 

そんな方でも安心。

 

今使っている電話番号(090,070,080)を格安SIMへ乗り換えすることも問題なくできます。

 

各キャリアでMNP予約番号を取得して、申し込みたい格安SIMの申し込み時にMNP予約番号を入力すれば、今使っている電話番号を格安SIMで使うことができます!

 

格安SIMだから乗り換えができないということはないんです。

格安SIMは難しいものではない!

ここまで読んでいただいてなんだ格安SIMって難しいものではないんだ!

 

そんな風に思った頂いた方が多いのではないでしょうか?

 

SIMのロックを外す?SIMを自分で挿す?
このようなことは普通にスマホを使っている人はしないことで難しく感じるかもしれませんが、1回やってしまえばすぐに出来ることです。

 

 

今のスマホ料金が高くて困っている。
スマホ料金を安くしたい。

 

 

そう思っている人には格安SIMはすごくオススメです!

 

格安SIMとは何?これを読めば格安SIMの仕組みが分かる|格安SIM徹底解説記事一覧

2015年の5月に携帯のSIMロックを解除の義務化を発表しました。それに合わせて、SIMフリーという言葉も有名になり格安SIMが有名になりました。でも、格安SIMって聞いてもパッと思いつきませんよね。安い格安SIMということは分かるけど、実際には何が安いの?そんな、格安SIMとは一体なんなのでしょうか?格安SIMとはどんなものなのか?格安SIMを使て損をしてしまう人もいるのか?そんな情報をまとめま...

いつの間にか高い請求が来るスマホ料金。請求がきて初めて「課金しすぎた!」「電話をしすぎた!」「データ容量をチャージしすぎた!」なんてことに気が付きますよね。新しいスマホを買うとスマホの分割料金も高いので、データ容量とスマホ代金を合わせると1万円近い料金になります。安くできるなら少しでも安くしたい!ここでは今すぐできる!スマホの月額料金を安くする方法を紹介します!今すぐ見直せば翌月の請求を安くできる...

なぜ格安SIMはドコモやauに比べてものすごい安い月額料金で使うことができるんでしょうか?「安かろう悪かろう」という言葉から、格安SIMって安いからスマホが使える範囲が狭かったり、速度が遅くなってしまう心配もありますよね。しかし、格安SIMはドコモやauと同じエリアで使うことができますし、回線速度も極端に遅くなることも少ない。ではなんで月額料金が安いんでしょうか?その理由を調べました。

格安スマホの申し込む方法はネットでの申し込みが中心。キャリアから格安SIMへ乗り換えの場合も自分ですることになります。店頭でスマホを申し込むことになれていると、自分でスマホを申し込むと聞くと戸惑ってしまうのではないか?と思ってしまいがち。でも、やってみると以外と簡単なんです。ここではLINEモバイルでの申し込みを例に格安スマホの申し込む流れを紹介していきます。

格安スマホを調べると良く見る言葉がデータ専用SIMと音声通話付きSIM。スマホの契約って音声通話がつくのは当たり前ではないの?と思ってしまいますよね。格安SIMには電話機能がつかないプランと、キャリア契約と同じ電話機能が付いたプランの2種類があります。契約内容と違いや最低利用期間の長さの違いを紹介します。

今の電話番号をそのままで他のキャリアに乗り換えができるMNP(ナンバーポータビリティ)。MNPができるのはキャリアだけと思われがちです。実はキャリアから格安SIMへもMNPができるんです!ドコモやau、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えをする時に必要な手数料や料金、知っておきたい情報をまとめました。

キャリアスマホを使っている場合、基本プランの中にかけ放題プランが標準でついています。比べて格安SIMはかけ放題プランを付けるか付けないか選ぶことができます。なので、かけ放題プランをつけ忘れてしまうと30秒20円の通話料金になってしまいます。ただ!忘れずにかけ放題プランを付ければ格安SIMでも通話料が高くなることはありません。なぜ格安SIMの通話料が高いと言われているのか?格安SIMを使っていて通話...

格安SIMはドコモなどのキャリア契約に比べると安いので格安SIMといわれます。しかし、実際にどのくらい安いのでしょうか?「安い」とか「実質」とか言って契約したら料金は今と変わらなかったり、今以上に高くなることはよくありますからね。5GBプランでかけ放題があるプランをキャリアで契約した場合の料金とDMMモバイルで契約した場合の月額料金を比べてみました。

格安SIMが使えるスマホはSIMフリースマホ、ドコモ版スマホ、au版、スマホソフトバンク版スマホの4種類あります。そのうち、白ロムや赤ロムがかかわってくるのはドコモ版スマホなどキャリアが販売したスマホ。自分が使っているスマホをそのまま格安SIMで使おうと思っている方には白ロムや赤ロムは関係ありません。しかし、中古でスマホを購入して格安SIMで使おうと思っている方には重要なんです!白ロムや赤ロムとは...

長電話をする人にはオススメできない格安スマホ。youtubeやSpotifyなどネット通信を多く使う方であれば格安スマホにすれば断然安くなります。しかし、格安スマホは通話料金が高いので毎日たくさん電話をする方や長電話をする方には格安スマホはオススメできませんでした。ただ、格安スマホは長電話をする人にはオススメできないというのは昔の話!今では格安スマホにもかけ放題のプランが登場しているので、電話料金...

スマホを買う上で必ず聞くのがOS(オー・エス)。スマホというとiPhoneかアンドロイドスマホの2種類から選ぶことが多いですよね。見た目の違いもありますが、実はOSというスマホの中身の違いも大きいのがスマホの特徴。ここではスマホを選ぶ上で考えるiOSとアンドロイドの違いを紹介します。

格安SIMが使えるスマホはSIMフリースマホだけでしか使えないというイメージがありますよね。実はSIMフリースマホだけでなくドコモやau、ソフトバンクのスマホでも格安SIMを使うことができます。ただ、格安SIMであればどんなスマホでも使える訳ではありません。格安SIMをキャリアスマホで使うためには2点条件があります。ここでは格安SIMでキャリアスマホを使う為にチェックする条件。キャリアから格安SI...

スマホは各地域にあるキャリアが建てたアンテナを通して通信をしています。電話だけでなく動画を見たり音楽をストリーミングで聞いたり、ネットで何かを調べたりするのもすべて電波を通して通信をすることで出来ているんですね。スマホでする通信のことを周波数帯(バンド)と言われています。バンド帯とも言われたりします。このバンド帯は格安SIMを始め、キャリアすべて統一されたいる訳ではありません。また、スマホによって...

page top