マイネオのデータ容量の繰り越しの内容やパケットチャージ料金の内容

マイネオのデータ容量の繰り越しの内容やパケットチャージ料金の内容

マイネオで毎月繰り越されるもの

 

マイネオには500MBから30GBまでのプランがあります。

 

契約したデータ容量によってはデータ容量を使い切ることができず余ってしまう場合もありますよね。

 

マイネオでは毎月余ったデータ容量は翌月に繰り越しになります。

 

3GB契約をしている場合、もし、2GB余ったとしたら、翌月は契約データ容量の3GBに合わせて2GBがプラスになり合計5GB使うことができます。

 

ただ、通話定額プランで余った通話時間は繰り越しにはなりません。

 

10分かけ放題の他に、30分と60分の通話定額プランがあります。

 

通話定額60を申し込んだとして、今月の通話時間が30分だったとしても、余った残りの30分は繰越になりません。

 

ここだけ注意が必要ですね。

 

他に気になるのがデータ容量を消費してしまった場合のパケットチャージ料金や、基本データ容量を変更する方法や変更した場合の手数料はどうなるのでしょうか?

 

マイネオのデータ容量についてまとめました。

マイネオで毎月繰越になる内容

 

マイネオの繰越になるかどうか気になるプランは以下のプランがあります。それぞれ、繰越になるのかならないのかでまとめました。

 

繰越になるもの 繰越にならないもの
  • データ容量
  • パケットギフト
  • フリータンクで追加したデータ容量
通話定額30/60

 

データ容量は翌月に繰越になる

 

マイネオで使うデータ容量の余った分は最高で翌月に繰越になります。

 

翌々月には繰り越せないでの注意してください。

 

例えば、4月分のデータ容量があったとすると、4月分のデータ容量は5月には繰り越されますが6月には消滅します。

 

その代わり、5月分のデータ容量が6月に繰り越される仕組みです。

 

3GBを契約している場合の繰り越し内容

 

基本データ容量を3GB契約している場合の繰り越し内容はこのようになります。

 

3GB契約で今月は1GBデータ容量を使い切れませんでした。

 

この場合は、翌月は契約したデータ容量3GBに合わせて1GBも合わさって合計4GB使えます。

 

マイネオの繰越データ容量の解説図 3月、4月、5月のデータ容量の繰越例 

 

しかし、翌々月までデータ容量は繰り越せないので、3GB契約の場合は繰越で最高で6GBまで使うことができます。

 

マイネオには10GBプランもありますが、10GBプランの場合だと最高で20GBまで繰り越せるんですね。

 

通話定額は繰越ができない

 

通話プランには30分の通話がお得になる通話定額30と、60分間の通話時間がお得になる通話定額60があります。

 

 

今月の通話時間が10分しか話さなかったり、全く話さなかったりすると定額通話時間は余りますよね。

 

その場合でも通話定額プランの場合は繰越にならず消化されます。

 

通話定額プランは毎月30分か60分が通話定額時間になるので気をつけてください。

フリータンクのデータ容量も翌月まで繰越になる

フリータンク

 

マイネオにはデータ容量が足りなくなった時にマイネオユーザー同士でパケットを分け合えることができるフリータンクというサービスがあります。

 

このフリータンクから貰ったデータ容量も翌月まで繰越になります。

 

よくあるのが追加でデータ容量を買った場合は買った分のデータ容量が使えるのは購入月だけということがよくありますが、フリータンクではそのようなことがないのでお得に使うことができます。

 

データチャージは100MB150円で追加可能

 

契約しているデータ容量を超えてしまい速度制限が発生してしまったとしても、100MB150円で速度制限を解除することができます!

 

データチャージの内容
料金 100MB150円
チャージしたデータの有効期限 翌月末まで
一度に購入できるデータ容量 10口(1GBまで)
チャージできるデータ容量の上限 15GB

チャージしたデータ容量は翌月まで使用することができます。

 

データが繰り越されるのと同じイメージですね。

 

100MBチャージするとこのようなことができます。

 

100MBでできること
  • 動画・・・約45分再生
  • ホームページ・・・約350回表示

 

100MBという数字をみるとできることが少ない気がしますが、以外と多くのことができます。

 

動画も約45分見れるので、月末にチャージした場合、翌月まで持ちこたえることができそう。

 

家でWiFiをつなげばパケットを消費することもありませんからね。

 

基本データ容量の変更は無料でできる

 

毎月データ容量をチャージしているから請求金額が多くなってしまう!

 

そんな時に考えたいのが基本データ容量の変更。

 

基本データ容量の変更にかかる費用は無料で毎月1回変更できます。

 

500MBから30GBまでの間で選ぶことができるので、毎月データ容量を見直してみて、データチャージを多くし過ぎているのであればデータ容量を上げてみる、毎月多くのデータ容量を繰り越ししているのであれば、データ容量を下げることで月額料金を下げることができます!

データ容量は繰り越し!パケットチャージ料金も安い

 

マイネオでは余ったデータ容量は繰り越しされますし、パケットチャージ料金も安いです。

 

キャリアだと2GBごとに2,500円発生するのでチャージするのにためらってしまいますよね。

 

でも、マイネオは100MBごとのチャージで、気軽に基本データプランの変更ができるので自分にあったプランに常に変更することができます!

 

マイネオ公式サイトにもデータ容量について詳しく紹介されているので気になる方はぜひ見てみてください!

 

page top