マイネオの通話定額プラン30分/60分話したい放題の内容

マイネオの通話定額プラン30分/60分話したい放題の内容

マイネオの通話定額プランの内容

マイネオにはよく通話をする人に向けたサービス「通話定額30」と「通話定額60」があります。

 

通話定額30が毎月30分の通話定額のプランで、通話定額60が毎月60分の通話が定額になるプランです。

 

普通に電話をすると30秒20円になってしまいますので、毎月定期的に通話をする人にはお得な通話定額プランです。

 

他にも10分かけ放題プランもあるのがマイネオのかけ放題プランです。

 

3種類のかけ放題の内容を詳しく見ていきます。

マイネオの通話定額プランの内容

 

マイネオにある3つのかけ放題プランは下記のようになっています。

 

通話定額料金のプラン内容

プラン名 プラン料金 通話定額時間 通話定額を使わないで電話をした場合の料金
通話定額30 840円 1ヶ月30分 1,200円
通話定額60 1,680円 1ヶ月60分 2,400円

 

通話定額30を使って通話をした場合は、通話定額を使わないで30分通話した場合の料金に比べて360円お得になり、通話定額60では720円お得になります。

 

お店の予約は、大切な人への連絡など、いざという時に必要な通話プラン。
気がついたら、通話を長くしてしまっていたなんてことや、毎日小まめに電話をしている!
そんな人にはオススメのプランです。

10分かけ放題の内容

 

通話定額30と通話定額60は通話料金が定額になる時間が決まっていますが、毎日ちょくちょく電話をする方にとっては使いづらいプランかもしれません。

 

毎日通話時間は短いけどいろんなところに電話をすることが多い!

 

そんな方にオススメのプランは10分かけ放題です。

 

10分かけ放題の内容
月額料金 850円
毎月の通話回数 無制限
1回の通話時間 10分間
10分超過した時の通話料金 30秒/10円

 

1日1回10分間の通話を30日すると通話料金(30秒20円)は12,000円になります。

 

それが10分かけ放題なら月額850円で通話することができるんです。

 

家族とこまめに電話をすることが多い、長電話はしない。

 

こんな方は通話定額プランより10分かけ放題プランのほうが断然お得になります!

 

マイネオ公式サイトを見るともっと詳しく書かれているので、細かくみたい方はマイネオ公式で見てみてください!

 

マイネオの通話定額プランの特徴

 

マイネオの通話定額プランの仕組みや内容はこんな特徴があります。

 

プレフィックス番号を使っていない

 

プレフィックス番号とは、楽天電話や、DMMでんわに使われている機能になります。
普通の電話番号は「090−0000−0000」になりますが、電話番号の頭に「00000−090−0000−0000」をつけて電話をする方法です。

 

この方法で電話をすると、普通の電話回線から、その会社が用意した電話回線になり、通話料金が安くなる仕組みです。

 

プレフィックス番号の仕組みの図 

 

しかし、この方法だと、通話回線会社を多くまたいでいる分、通話品質が悪くなってしまうというデメリットがあります。

 

普通に使う分には不便なく使えますが、繁華街など人が多いところで通話をすると、その違いが出る時があります。

 

しかし、マイネオの通話定額プランは、普通の電話回線で電話をすることが出来るのです。
ドコモプランならドコモの通話回線、au回線ならauの通話回線で電話をすることができるので、通話品質はキャリアと同じになります

 

専用アプリがいらない

 

楽天でんわ、DMMでんわ、NifMoでんわなどは専用のアプリをダウンロードして、そのアプリから通話をしないと通話料金は安くなりません。

 

専用アプリだと通話利履歴を確認できなかったり、直接ウェブサイトから電話をする場合は、一度電話番号をコピーして通話アプリに貼り付けて通話しないといけないといった手間があってめんどくさいです。

 

しかし、マイネオの通話定額プランでは専用のアプリのダウンロードは必要なく、始めからある通話アプリから電話をするだけで通話定額が適用されます

 

30分、60分を過ぎたあとの料金は30秒20円

 

これは悪い理由になりますが、マイネオの通話定額プランでは30分、60分を過ぎた後の通話料金は30秒20円と高額になります。

 

楽天モバイルの楽天でんわのかけ放題プランだと、30秒10円で電話をすることができます。
このように比べると、毎月の通話時間が60分を越えるようであれば、楽天でんわなどがいいかもしれません。

 

10分かけ放題プランの特徴

 

通話定額プランと10分かけ放題プランの仕組みは少し変わってきます。

 

10分かけ放題を適用させるには専用アプリからの発信が必須

 

10分かけ放題を使い通話をする時に注意したいのがマイネオの専用通話アプリmineoでんわを使って通話することが必要になります。

 

mineoでんわアプリはGooglePlay、AppStoreからダウンロードすることができ、使用すること事体は無料です。

 

mineoでんわアプリを使わないで通話をしてしまうと通常の通話料金30秒20円の通話料金になってしまうので注意してください!

 

10分超過した後は30秒10円

 

10分を超過したあとの通話料金も10分かけ放題のほうが安くなります。

 

通話定額プランだと定額時間を超過すると30秒20円ですが、10分かけ放題だと30秒10円で通話することができます。

 

もし、通話時間を超えてしまったとしても少しお得に通話することができるんです。

毎月の通話時間が60分以内なのであれば、楽天でんわ、DMMでんわがお得?!

 

ここで気になるのが、通話定額プラン申し込んだ状態で毎月の通話時間が30分以内、60分以内の場合は余った通話時間がどうなるかということです。

 

余った通話時間は、繰越はされずにその月で消化されてしまいます。
なので、通話定額時間は30分、60分から増えることがありません。

 

もし、毎月の通話時間が30分以内、60分以内なのであれば損をしてしまいますね。

 

そのような場合は、楽天でんわやDMMでんわのアプリを使うことをオススメします。

 

楽天電話とDMMでんわだとプレフィックス電話ですが、30秒10円で通話をすることができます。

 

30秒10円であれば、キャリアのかけ放題の料金2,700円の請求になるには、60分くらいの通話をしないとなりません。

 

逆に言えば、毎月の通話時間が60分以内の場合にDMMでんわなどのアプリを使って通話をすれば、キャリアのかけ放題の料金よりお得に使うことができます。

 

専用アプリのダウンロードが必要になりますが、通話定額プランを申し込むより料金面でお得に使うことができます。

 

毎月の通話時間が60分以上なら通話定額、60分以内なら通話アプリがお得!

 

通話定額30だと30秒20円で30分電話をした場合に比べて360円、通話定額60だと720円、通話料金がお得になります。

 

しかし、毎月の通話時間が30分以内、60分以内の場合は余った定額通話時間は繰越されないので、損をしてしまいます。

 

もし、通話時間が30分以内、60分以内なのであれば、DMMでんわ、楽天でんわを使えばお得にマイネオを使うことができます!

 

通話時間は短いけど、通話回数が多い!

 

そんな方は10分かけ放題のほうがお得にマイネオを使うことができます!

 

マイネオ公式サイトにはもっと詳しく書かれているので、気になる方はチェックしてみてください!

 

page top