LINEモバイルの地方エリア一覧|LINEモバイルなら地方でもつながる

LINEモバイルの地方エリア一覧|LINEモバイルなら地方でもつながる

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線のプランの2種類のプランがあります。

 

ドコモ回線もソフトバンク回線も日々通信エリアは広まってきています。

 

ソフトバンクがスマホ事業を始めたばかりの時は回線エリアが狭いといわれていましたが、都市部分や街の中心地、生活エリアであれば大きな回線の違いはありません。

 

すごく山奥にいったり、海辺にいったりしないのであればドコモ回線プランでもソフトバンク回線プランでも問題なく使えます。

LINEモバイルなら地方でもしっかり通信できる

 

LINEモバイルはドコモ回線を使っている格安SIMなので、多くのエリアをカバーしているドコモと同じエリアで使うことができます。

 

au系の格安SIMだと、auのLTEエリアでしか使えなく、3Gエリアで使えないということがありますが、LINEモバイルならドコモのLTEエリア、3Gエリアの両方を使うことができるので安心です。

 

街の中心部なら、LTEエリアで十分ですが、山奥だとまだまだ3Gだけのエリアが多くあります。au系の格安SIMだとつながりにくいことも、、、
しかし、LINEモバイルなら、3Gエリアでも使えるので山奥でも安心です。

 

LINEモバイル公式サイトにもドコモの通信エリアで使えると表記があります。

 

日本全国のドコモエリア

 

北海道エリア

ドコモの北海道エリア

 

東北エリア

ドコモの東北エリア

 

北信越エリア

ドコモの北信越エリア

 

中部エリア

ドコモの中部エリア

 

関西エリア

ドコモの関西エリア

 

九州エリア

ドコモの九州エリア

 

LINEモバイルのエリアはドコモ公式サイトでチェック

 

LINEモバイルが使えるエリアはドコモとエリアで使うことができるので、ドコモがエリアを拡大すればLINEモバイルが使えるエリアも広がります。

 

ドコモのエリアはドコモ公式サイトから見ることができるので、LINEモバイルが使えるエリアを見たい人はドコモの公式サイトをチェックしてみてください。

 

ドコモ公式サイト
ドコモのサービスエリア

LINEモバイルならドコモエリア、ソフトバンクエリアで使える

 

スマホと使う上で重要なのが、使えるエリアです。

 

ただ、ドコモ回線でもソフトバンク回線でも大きなエリアの違いはなくなってきています。

 

細かく通信エリアを見ると若干ドコモのほうが使えるエリアが広いですが、広いといっても山奥や海辺や浜辺などの人があまり行かないエリア。

 

生活している時によく行動しているエリアであればドコモもソフトバンクも大きな違いはありません。

 

回線エリアで格安SIMかキャリアスマホか選んでいるのであれば、回線エリアで選ぶよりサービス内容や月額料金でスマホを探したほうが自分にあったスマホが見つけやすいです。

 

こちらでオススメの格安SIMを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

 

page top