LINEモバイルを海外で使う方法!海外旅行でネットや電話を安く使うには?|格安SIM徹底解説

LINEモバイルを海外で使う方法!海外旅行でネットや電話を安く使うには?

LINEモバイルは公式サイトでは、海外で使えるかどうかという情報は記載してありませんが、海外ではデータ通信はできませんが、音声通話はできます

 

海外でLINEアプリを使おうと思っている場合はWi−Fi環境がないとできないので気を付けてください!

 

〜LINEモバイルを海外で使う上で知っておきたいこと〜
  • LINEモバイルは海外では音声通話だけできる。
  • データ通信を使いたい時はwifiスポットか海外Wi-Fiレンタルを使う
  • SIMフリースマホなら現地のSIMを入れることも検討

 

〜この記事に書いてあること〜

LINEモバイルは海外では音声通話だけできる

ハワイの夕日をスマホで撮る女性

フォトラグナーVorelーUnsplash

LINEモバイルは海外で使うことができますが、音声通話は使うことができます。

 

しかし、データ通信ができないので現地で何かを調べたりGoogleマップをみたり、Facebookを見たりするのはできません。

 

データ通信ができないのでLINEアプリを使うこともできないので気を付けてください

 

データ通信を使う2つの方法

 

電話を使えるのはうれしいですが、道に迷ったりオススメのお店を調べたい時の為にデータ通信はできるようにしておきたいですよね。

 

 

海外でデータ通信をする方法は2つあります。

 

海外で通信をする方法
  • 現地の無料WiFiスポットを使う
  • 海外で使えるWiFiルーターをレンタルする

 

 

アメリカを始め、香港やグアムでは無料WiFiスポットがすごく充実しています!

 

空港はもちろん、街の至るところに無料WiFiスポットがあるのでインターネットをするのには困らないはず!

 

日本の無料WiFiスポットというと接続パスワードを取得して設定しないといけませんが、海外ではそんな難しい設定はないことが多く、家でWiFiを使う時みたいに簡単に接続できます!

 

それでもいつでもWiFiを使えるようにしたい!という時もありますよね。

 

そんな方にオススメなのが、海外Wi-Fiレンタルサービスです。

 

海外WiFiレンタルサービスとは、海外専用のポケットWiFi。

 

海外専用ポケットWiFiレンタルサービスのメリット
  • 日本にいる時の同じようにスマホでデータ通信ができる
  • データ通信料金がキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べてすごく安い

 

申し込むことで自宅に郵送か空港でモバイルルーターを受け取り、あとは海外についたら家でWiFiに接続する時と同じようにルーターとスマホを設定するだけ!

 

 

これでいつでもWiFiが使えるようになりますし、料金も安くデータ通信をすることができるんです。

 

撮った写真をSNSにアップしたい!
急に日本食が食べたくなった!

 

 

そんな時に海外専用のWiFiレンタルはすごくオススメです。

 

たとえば、イモトのWiFiならアメリカはもちろん韓国、中国、香港、マカオといったアジアでも使うことができます。

 

ルーターの受け取りも自宅に郵送か空港のカウンターで受け取れるので、海外旅行に行くんだけど海外専用のWiFiルーターを申し込みたいと思ったらイモトのWiFiを使えば間違いありません!

 

なんでLINEモバイルは海外で通話だけしかできないの?

 

なぜ、LINEモバイルは海外で通話だけしかできないんでしょうか?

 

考えられるのは格安SIMの仕組みに原因があることが考えられます。

 

格安SIMは、自分たちで通信電波を持たないで、ドコモ、auソフトバンクのいずれかに通信設備を借りてSIMカードを販売しています。

 

なので、通信設備の機能は借りるキャリアに依存することになるんです。
各キャリアは、格安SIMを販売する会社に通信設備を貸し出すときに海外では使えない設定で通信設備を貸し出しているみたいなんです。

 

だからLINEモバイルを始め格安SIMを海外で使うとなると通話機能しか使えないんですね。

 

通話料金は合計5万円を超えると使えなくなる

 

海外でスマホを使うことで起こってくる問題が通話料金を使い過ぎという問題です!

 

少し前に問題になったのが日本に帰ってきたら、現地で使ったデータ容量が10万、20万円分のとデータ容量が発生していて請求がきた!というのが問題がありました。

 

LINEモバイルを使って海外で通話したら思ったより高額な請求がきた!なんてことがあったらイヤですもんね。

 

海外でLINEモバイルで電話をする場合は通話料金が1か月に5万円分の通話料金と決まっています。

 

5万円を過ぎてしまうと電話ができなくなるので、通話料金を使いすぎるということがないので逆に安心です。

 

海外での通話料金は旅行に行く国によって変わってきます。

 

例えばアメリカ本土だと1分間の通話料金はこのようになります。

  料金
発信
  • アメリカ国内へ発信・・・125円
  • アメリカから日本へ発信・・・140円
  • アメリカから他の国へ発信・・・265円
着信
  • 175円

 

海外での通話料金は国別に変わってきます。

 

LINEモバイルはドコモ回線を借りているので海外での通話料金もドコモスマホを使って海外で通話した時と同じ料金になります。

 

国別の通話料金表

 

  アメリカ(本土) 韓国 中国  台湾
現地から通話 125円 50円

75円

日本へ電話 140円 125円

175円

他の国へ通話 265円
着信料金 175円 70円

145円

 

詳しい国別の通話料金はドコモ公式サイトで公開していますので、もし、海外で通話するかもしれない!という方は一度ドコモの公式サイトで行こうとしている国の通話料金はいくらなのか確認しておくことをオススメします。

ドコモ公式サイトで対応エリア・通話料・通信料を調べる

海外で通話をするにはあらかじめ設定が必要

 

LINEモバイルを使って海外で通話する場合は、LINEモバイルであらかじめ設定が必要になります。

 

海外で通話をできるようにする設定

LINEモバイルのマイページ

プラン・オプション

オプション情報を「変更する」をタップ

「国際ローミング」にチェックを入れて「次へ」

オプション変更確認で「変更する」をタップで完了

 

国際ローミングとは

 

国際ローミングとは海外で通話やメールをするためのサービスの名前です。

 

国際ローミングの設定自体は無料なので、電話と使わない限り高額な請求が発生することはありません。

 

 

さらに言えば、海外では絶対に通話を使いたくない!という場合は「国際ローミング」の設定をしなければ通話料金が発生することもなく安心してスマホを使うことができます。

海外では通話ができてデータ通信は海外専用WiFiを使うことで使える

 

LINEモバイルを海外で使う場合のまとめはこのようになります。

 

〜LINEモバイルを海外で使う上で知っておきたいこと〜
  • LINEモバイルは海外では音声通話だけできる。
  • データ通信を使いたい時はwifiスポットか海外Wi-Fiレンタルを使う
  • SIMフリースマホなら現地のSIMを入れることも検討

ドコモなどのキャリアであれば特に設定をすることなく海外で使うことができて便利ですよね。

 

しかし、日本で通話をするより高額ですしデータ通信料金もドコモ、au、ソフトバンクが1日2,980円と高額な料金設定になっています。

 

比べてLINEモバイルは通話を使うことはできますが設定が必要で上限は5万円、データ通信も無料WiFiスポットか海外専用WiFiを使って通信することになるのでキャリアより断然安くスマホを使うことができます。

 

高額な請求が来る心配がない!

 

それがLINEモバイルなんですね。

page top