LINEモバイルであの機能は使える?|ID検索、テザリングは使えるの?

LINEモバイルであの機能は使える?|ID検索、テザリングは使えるの?

 

もはやスマホを使っている人ならみんな使っているといってもいいアプリLINE。

 

 

そんなLINEが発売した格安SIM「LINEモバイル」
月額500円から使えて、LINEアプリ内のデータ容量は無料になります。

 

 

LINEモバイル公式サイトの使える機種欄にはテザリングができる表記がされていませんが、テザリングはできるのでしょうか?

 

 

そして、格安SIMではLINEのID検索や年齢確認ができないですが、LINEモバイルでは使えるのか?

 

おサイフケータイ、ApplePayは使えるのか?

 

気になる機能を調べました!

 

LINEモバイル公式サイトで詳しくプラン、料金を見てみる

LINEモバイルで気になるあの機能は使えるの?

 

テザリングはSIMフリーと一部のドコモ機種は使える

 

外でスマホ以外の通信端末を使う人には重要な機能テザリング

 

 

多くの格安SIMの場合、ZenFoneやHUAWEIのSIMフリースマホを使う場合は、どの機種でもテザリングを使うことができます。

 

 

しかし、ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアから発売したスマホで格安SIMを使う場合は、テザリングができない設定になっています。

 

 

LINEモバイルの公式サイトでもテザリングについてはこのように記載があります。

 

 

docomo端末はほぼ全て、テザリングに関してはdocomoと契約しているSIMカードでしか利用できないように設定がされています。

 

 

au、SoftBankについても、docomo同様、SIMロック解除してもテザリングは他社(MVNO含む)のSIMでは利用できません。

 

 

しかし、ITmediaでテザリングについて気になる記事がありました。

 

 

参考記事
ドコモ回線の格安SIM+ドコモスマホの「テザリング」は、今でもできないのですか?

 

この記事によると、2016年夏モデル以降のドコモスマホであれば、格安SIMでもテザリングができるようになっているという内容でした。

 

 

実際にドコモの公式サイトにもそのような記載がありました。

 

 

2016年4月以前に発売されたドコモ スマートフォンおよびドコモ タブレットでのテザリングのご利用には、spモード契約が必要です。(BlackBerry端末を除く)但し、Bluetooth DUNプロファイルではspモード以外のISP接続も利用可能です。

 

 

今までのドコモスマホでテザリングをする場合はspモード契約があるSIMでないとテザリングができなかったのですが、2016年の夏以降のドコモスマホであれば格安SIMでもテザリングができるようになっているんです。

 

 

ITmediaの記事には実際に2016年夏以降のドコモスマホでテストした結果も載っているので見てみてください。

 

 

ITmediaの記事ではドコモスマホにドコモ通信の格安SIMを使用してテザリングができているという内容でした。

 

 

しかし、ドコモスマホでau通信の格安SIMを使ってテザリングができるのかという内容はありませんでした。なので、ドコモスマホでau通信の格安SIMでテザリングができるかは今のところ、実際に試して使えるか確認しないといけません。

LINEモバイルならID検索、年齢認証ができる

 

格安SIMでLINEアプリを使う場合、年齢認証とID検索はできませんが、LINEモバイルの公式サイトを見ると、このような記載があります。

 

 

LINEモバイルならLINEの年齢認証機能・ID検索に対応

 

LINEモバイルであれば、年齢認証、ID検索機能を使うことができます

 

 

ID検索は年齢認証機能を使って、18歳以上が確認できないと使えない機能になっています。

 

LINEではLINEアプリを使っている人が18歳以上を確認するために、キャリアでの契約情報から年齢を確認しています。

 

 

しかし、格安SIMの場合はそもそもキャリア契約ではないので、LINEでは年齢が確認できませんでした。

 

 

しかし、LINEモバイルであれば、LINEモバイルで登録された情報から18歳以上か確認できるので、年齢認証、ID検索を使うことができるのです。

おサイフケータイは対応、ApplePayはApple次第

 

おサイフケータイはLINEモバイルでもしっかり使えます。

 

おサイフケータイは、キャリアに依存している機能ではなく、スマホの機能なんです。

 

 

今のところ、SIMフリースマホは海外から多くのスマホが販売されています。
おサイフケータイは海外で浸透していない理由から、海外メーカーから発売したSIMフリースマホには搭載されていない場合が多いです。

 

 

日本メーカーが発売したSIMフリースマホ、有名なSIMフリースマホだとFUJITSUが発売したarrows M03だとおサイフケータイに対応していますね。

 

 

そして、ApplePayは今のところ、未対応みたいです。
ですが、今度は格安SIMでも使えるようになる予定みたいなので、今後の対応に期待です。

 

 

もしかしたら、もう使えるようになっているかも。

LINEで使える機能はLINEモバイルで使える

 

  • テザリングはSIMフリースマホは可能、ドコモスマホなら2016年夏以降モデル
  • ID検索、年齢認証は可能
  • おサイフケータイは機種次第
  • ApplePayは今後の対応次第

 

格安SIMでは、LINEアプリの年齢認証、ID検索はできませんが、LINEモバイルだと使うことができます。

 

 

当然かもしれませんね。

 

 

LINEモバイルであれば、LINEアプリ内で発生するデータ量はカウントされませんし、ツイッター、フェイスブック、インスタングラムの使用で発生するデータ量もカウントしないプランもあります。

 

 

なにより、月額500円のプランがあるのがうれしいです。

 

 

メインスマホとしてもいいですし、サブ端末に入れるSIMカードとしてもオススメです!

 

LINEモバイル公式サイトで詳しくプラン、料金を見てみる

格安スマホで迷っているならLINEモバイルがおすすめ!



LINEモバイル


データプランは月額500円から、音声付きプランは月額1200円で使うことができて通信エリアはドコモなので圏外の心配はなし!ラインアプリを始め、有名SNSで発生するデータ容量は使った分としてカウントされないのでお得に格安スマホを使うことができます!ラインアプリを使って通話をすれば通話料は無料です!

どこの格安スマホにしようか迷っている。

そんな方にラインモバイルはすごくオススメなんです。

ラインモバイル公式サイトへ移動してみる