LINEモバイルの契約の流れ、デビットカードやクレカは使える?プランの詳細

LINEモバイルの契約の流れ、デビットカードやクレカは使える?プランの詳細

2014年4月21日更新

 

LINEモバイル使ってみたいんだけど、契約方法とか契約するのに必要なものって何がいるんですか?


 

 

はいは〜い♪LINEモバイルの契約は東京や大阪の都会にあるヨドバシカメラとビックカメラと、LINEモバイル公式サイトで申し込めるよ〜!

 

 

LINEモバイル公式サイトからなら全国から契約できるから、今回はLINEモバイル公式サイトから契約する方法や、契約に必要なものを説明するね♪


 

お願いします!(すっごいラフだな、、、やっぱり最近出てきた格安スマホだから若いのかな?)


 

 

と、いうことで、この記事ではLINEモバイル公式サイトから契約する方法、契約するのに必要なものや、SIMカードだけの販売はしているのか、端末セットはあるのかをまとめました!

LINEモバイル公式サイトからの契約する流れ

 

 

 

公式サイトから契約する流れはこんな感じで〜す!
申し込む入口はすごく分かりやすいよ!


 

 

契約の流れ

 

申し込みは公式サイトトップページの右上の「申し込み」をクリックで契約画面に移動できます。

 

LINEモバイルの申し込みをする方法

参考LINEモバイル公式サイトへ

 

 

契約の流れはこんな感じで契約をしていきます。

 

申し込みの流れ

 

  • 「申し込み」のボタンをクリック
  • エントリーコードの有無の確認
  • SIMカードのみか端末セットかの確認
  • 契約プラン、契約データ容量、オプションの選択
  • ※電話付きプランなら新規番号かMNP予約番号かの確認
  • 個人情報、メールアドレスの入力
  • 入力したメールアドレスにLINEモバイルからメールが届くのでチェック
  • 本人確認書類の送信
  • 支払いクレジットカードの入力
  • マイページのログインIDmパスワードの入力
  • 入力情報の確認
  • 申し込み完了

 

 

 

 

 

入力する画面や、入力した情報を確認する画面を合わせると11項目にもなってしまいますが、入力時間でいうと10分〜15分程度で終わります。

 

 

 

窓口で申し込むより早く申し込むことができます!

 

キャリアから、格安SIMからLINEモバイルへ乗り換えも可能!

 

 

LINEモバイルでもキャリアからや他の格安SIMから乗り換えできま〜す♪
ナンバーポータビリティっていうのですね!

 

 

でも、いくつか注意点があるので気を付けてください♪


 

LINEモバイルのナンバーポータビリティ画面

 

LINEモバイルでは、ドコモやauからや他の格安SIMからのナンバーポータビリティを使っての乗り換えに対応しています。

 

 

 

LINEモバイルの契約プランで電話番号付きプランを申し込むと、新規で電話番号を取得するか、MNP予約番号を入力するか求められます。

 

 

 

この画面で、乗り換えをするキャリアから取得したMNP予約番号を入力すれば、今使っている電話番号でLINEモバイルを使うことができます。

 

 

乗り換えでの注意点

 

  • MNP予約番号の有効期限が10日以上必要
  • 乗り換えをする名義と、LINEモバイルを契約する名義が同じ

 

 

LINEモバイルへ乗り換えをするので注意しないといけないことが2点あります。

 

 

一つはMNP予約番号の有効期限が10日以上ないといけないということです。

 

 

 

MNP予約番号の有効期限は15日あります。
なので、15日以内であればMNP予約番号事体は使えるのですが、LINEモバイルを申し込む時点で10日を過ぎていると使えないので改めてMNP予約番号を取得する必要があります。

 

 

 

もう一つがMNPするキャリアとLINEモバイルの契約する名義が同じでないとのMNPできないということです。

 

 

 

たとえば、LINEモバイルは妻が使うけど、乗り換えをするキャリアの名義が夫という場合がと乗り換えができないので注意してください。

 

 

 

この場合はLINEモバイルも夫の名義にするか、乗り換えをするキャリアの名義を妻にする必要があります。

 

 

空白期間はなくLINEモバイルへ乗り換えをできる!

 

LINEモバイルへ乗り換えをするとなると、LINEモバイルが家に届くまで、今持っているスマホで電話やインターネットが使えなくなりそうな気がします。

 

 

 

この期間を空白期間と言います。

 

 

 

LINEモバイルでは、申し込み時にMNP予約番号は必要になりますが、MNPの手続き事体は、LINEモバイルのSIMカードがあなたの手元に届いてからMNPの手続きを行うので、LINEモバイルが届くまでスマホが使えなくなるということはありません!

 

 

 

LINEモバイルが手元に届いたら、LINEモバイルへ届いたことを知らせる電話をします。

 

 

 

そうすることでMNPの手続きを行います。
手続きには1〜2時間程度かかるので、実際にスマホが使えなくなる時間は1〜2時間程度になります。

 

 

 

キャリアからキャリアへ乗り換えをするとの同じくらいの時間ですね。

 

 

最低利用期間はデータ通信はなし、音声付きプランだと12か月

 

最低利用期間はデータ通信だけのプランと音声通話、言い方を変えると電話がついているかで変わってくるよ〜♪


 

LINEモバイルの最低利用期間が、データ通信か音声付きプランかで変わってきます。

 

 

 

プラン名 最低利用期間 解約金

データ通信SIM
データ+SMS機能付きSIM

なし なし
通話機能付きSIM 契約月の翌月を1か月目とした12か月間 12か月以内の解約で9800円(税抜き)の解約金

 

 

 

データ通信とデータとSMS機能が付いたSIMの場合は解約金や最低利用期間はありません。

 

 

 

いつ解約してもいいんですね。

 

 

 

通話機能付きSIMを契約した場合は契約した翌月を1か月目として12か月間の最低利用期間があります。

 

 

たとえば4月に契約した場合は、翌月の5月から来年の4月までが最低利用期間になります。

 

 

 

12か月以内の解約だと9,800円の解約金が発生しますので注意してください。

 

 

 

9,800円は税抜き表示なので、税込みだと約1万円の解約金になってしまいます。

LINEモバイルのSIMとセットで売られている端末

 

 

始めて格安スマホを使う時って、使いたいSIMと使いたい端末が使えるかすっごく心配になるんだけど、LINEモバイルではその辺のことはどうしているの?


 

 

もちろんLINEモバイルではSIMカードとLINEモバイルで確実に使えるSIMフリースマホのセット販売も行っているから、始めて格安SIMを使う人でも安心してつかえるよ〜♪


 

 

LINEモバイルでは端末とLINEモバイルSIMのセット販売も行っているから初めて格安SIMを使う方から、新しい端末の購入を考えている方でも安心して契約できる体制があります。

 

2017年4月現在発売している端末

VAIO Phone A
HUAWEI nova lite
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
arrows M03
ZenFone 3
Blade E01

 

 

スマホのラインナップは常に新しくなるから、今どんな端末が販売されているか詳しく知りたい方はLINEモバイル公式サイトでみてみてね〜(*´ω`*)♪


LINEモバイル公式サイトで詳しくプラン、料金を見てみる

 

 

もちろん端末セットだけでなくSIMだけの契約もできます。

 

 

SIMだけの契約でも自分で用意した端末に端末保障をすることもできるのもLINEモバイルのうれしいポイントですね。

毎月の支払いはクレジットカードかLINEPayで!デビットカードは使用できない

 

 

毎月の支払い方法はクレジットカードの他にデビットカードでも支払いできるんですか?


 

 

ごめん〜!支払い方法はクレジットカードだけなんだ!
だから、支払い方法はクレジットカードで、、、、


 

 

たしか、LINEPayでも支払いできなよね?


 

 

・・・・・・


 

 

(あれっ!?どうしたんだろ、、、聞いちゃいけなかったのかな?)


 

 

LINEモバイルの月々の支払い方法はクレジットカードかLINEPayでの支払いができます。

 

 

 

クレジットカードはVISAやマスターカードなど、日本で使えるクレジットカードであればLINEモバイルの支払いに使うことができます。

 

 

 

残念ですが、今のところデビットカードは対応していません。

 

 

 

代わりにLINEPayカードをクレジットカードの代わりに使うことができます。

 

参考LINEPayカードとは?

 

 

LINEモバイル公式サイトにはLINEモバイルでLINEPayを使えると細かい記載を見つけることはできませんが、契約画面のクレジットカードの情報を入力する画面でLINEPayカードの情報を入力すれば、毎月の支払いにLINEPayを使うことができます。

 

 

 

 

ヒソヒソ、、、、、(スマホ君に何かを話している)


 

 

あぁ、、、、、、あんまり大きな声で言えないけど、LINEモバイル的には支払い方法はクレジットカードで支払いをしてほしいみたい。

 

 

なぜなら、LINEPayってプリペイドカードのように事前にチャージが必要だから、もし、チャージし忘れてしまうと、LINEモバイルの支払いができないでしょ?

 

 

そうなると、LINEモバイルは何回も支払いができなかった人の契約を強制解除する場合もあるみたい。

 

 

だから、確実に支払いをしてほしいから、一応クレジットカード推奨みたいだよ!


 

 

そうゆうことだったんだね。
LINEPayでも支払いはできるけど、支払われないと困るから大きな声で言ってい、、、


 

 

そうゆうこと〜♪

 

次の質問はなにかな〜♪


 

 

(話に割って入ってきた、、、強引なとこもあるんだ、、、でも、そんなところも嫌いじゃない( `ー´)ノ)


LINEモバイルの低速になった場合の速度

 

 

速度制限が発生すると、速度は約200kbpsになってしまうから注意してね〜♪
普通にネットをみるだけでも苦労しちゃう速度、、、、、(ノД`)・゜・。


 

 

速度制限が発生した場合の速度は他の格安SIMと同じように速度は200kbpsになってしまいます。

 

 

 

ネットで画像が多いサイトや容量が多いサイトだとまず見れないくらい遅くなってしまいます。

 

 

しかし、LINEアプリに関してはたとえ速度制限が発生したとしても、低速になることはなく、通常の速度でLINEアプリを使うことができます。

 

 

 

トークだけでなく、LINE通話も問題なので連絡をする上で不便なことはないですね。

 

 

コミュニケーションフリープランでも速度制限が発生してしてしまうと遅くなる?!

 

ここで気になるのはコミュニケーションフリープランのフェイスブック、ツイッター、インスタグラムの速度はどうなのかということです。

 

 

 

実は、この3つのSNSは使ったデータ容量としてカウントはされませんが、速度制限が発生してしまうと遅くなってしまいます

 

 

 

速度制限の影響は受けてしまうので注意してください。

 

 

 

しかし、コミュニケーションフリープランでもLINEアプリは速度制限の影響は受けないので安心です。

 

 

LINEMUSICは速度制限を受けない

 

もうひとつあるMUSIC+プラン。

 

 

LINEMUSICはたとえ、速度制限が発生しても通常の速度で使うことができるので音楽が聴けなくなる!ということはないです!

LINEアプリを始めて使う時は契約が必要

 

 

LINEモバイルとLINEは同じ会社が運営しているけど、LINEモバイルを申し込んだからといって自動的にLINEに登録するわけじゃないから始めてLINEアプリを使う時は登録が必要だよ〜♪


 

LINEモバイルとLINEは同じ会社が運営しているサービスです。

 

 

 

でも、LINEモバイルは格安スマホを販売するサービスで、LINEは通話するアプリサービスなので別のサービスです。

 

 

なので、LINEモバイルを契約してもLINEアプリは登録しないと使えないので注意してください。

 

 

 

LINEモバイルなら電話番号、SMSがなくてもLINEに登録できる

 

 

通常、LINEの登録には電話番号とSMSができないと登録することができません。

 

 

 

でも、LINEモバイルなら電話番号、SMSができなくてもLINEアプリの登録ができます

 

 

 

データ専用プランでもLINEが使えるということです。

 

 

 

これはうれしいですね!

契約時に必要なものは何がいるの?

 

 

契約する時に本人確認書類として使えるのはいろいろあるけど、顔写真があるか、無いかで用意してもらうものが違うから注意してね〜♪

 

 

顔写真があるものは1点!
顔写真がないものは2点!

 

 

こんな感じで本人確認書類で必要なものがいりま〜す!


 

 

本人確認書類で必要なものは以下のものがあります。

 

 

1点でいいもの
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳

 

 

2点必要なもの

 

  • 日本国パスポート
  • 健康保険証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 特定疾患医療受給証
  • 特定疾患医療登録者証

 

 

2点必要なものは、上記に書かれているものと以下のものが必要になります。

 

  • 公共料金の領収書
  • 住民票

 

公共料金とはガスや水道、電気代の領収書のことです。

 

 

 

公共料金の領収書を使う場合は、領収書の名前もLINEモバイルを申し込む人と同じでないといけないので気を付けてください。

 

 

 

住民票だと確実ですね。

 

 

LINEモバイルの申し込みをするならネットか家電量販店でできる

 

 

LINEモバイルの契約はこんな感じです〜♪

 

 

どうだった?


 

 

本人確認書類で2点用意するのが大変そうだったけど、本人確認書類が1点でいいならすぐに申し込みできそうでした!


 

 

たしかに!
あと、速度制限がかかってもLINEアプリはそのまま使えるのはいいね!

 

 

もう速度制限がかかると、息がつまってつまってしょうがないんだよね。

 

無理やり遅くされているからさぁ!


 

 

そうだったの?!

 

気を付けます( ゚Д゚)


 

 

 

LINEモバイルはネットか東京か大阪のヨドバシカメラかビックカメラで申し込むことができます!

 

 

 

店頭だと店員にすぐにわからないことが聴けるのでいいです。

 

 

 

でも、休日だとLINEモバイル契約カウンターがすぐにいっぱいになってしまい待つことになるので、もし、もうLINEモバイルで契約することを考えているのであればLINEモバイル公式サイトで申し込んだほうが待つことなく契約できます!

 

 

もっと詳しくLINEモバイルを知りたいという方は下のボタンからLINEモバイル公式サイトへいくことができます!

 

 

ラインモバイル公式サイトへ移動してみる

格安スマホで迷っているならLINEモバイルがおすすめ!



LINEモバイル


データプランは月額500円から、音声付きプランは月額1200円で使うことができて通信エリアはドコモなので圏外の心配はなし!ラインアプリを始め、有名SNSで発生するデータ容量は使った分としてカウントされないのでお得に格安スマホを使うことができます!ラインアプリを使って通話をすれば通話料は無料です!

どこの格安スマホにしようか迷っている。

そんな方にラインモバイルはすごくオススメなんです。

ラインモバイル公式サイトへ移動してみる