トーンモバイルのスマホへの音楽の取り込み方、音質、入るアルバム枚数|2台目スマホなら格安SIM

トーンモバイルのスマホへの音楽の取り込み方、音質、入るアルバム枚数

 

 

スマホで欠かせない機能でカメラと並んで音楽も欠かせない機能です。

 

 

トーンモバイルのスマホに音楽を取り込む時は、パソコンから取り込むのですが、トーンのスマホに、iPhoneの曲を管理するiTunesのような専用の音楽管理ソフトはありません。

 

 

トーンモバイルのスマホに音楽を入れる時は、トーンモバイルの公式サイトから使うことができる「One」というウェブアプリケーションを使って曲の管理をします。

 

 

 

トーンモバイルのスマホへの音楽の取り込み方、スマホに入る音楽の曲数など、音楽に関する気になる情報を調べました。

 

トーンモバイルのスマホへの音楽の取り込み方、音質を徹底解説

 

トーンモバイルのスマホへの音楽の取り込み方、アルバムは何枚入るのか。

 

 

スマホで音楽を聴く上で気になる情報をまとめました。

 

 

アルバムは100枚前後、SDを入れればほぼ無限に入る?!

 

 

トーンモバイルで販売されているスマホのROM(データ容量)は16GBになっている場合が多いです。

 

 

しかし、音楽データすべてに16GB使えるわけではなく、アンドロイドのソフトウェアの容量やはじめから入っているアプリケーション用のデータ容量を考えると、実際に使える容量は約10GBくらいになります。

 

 

10GBだとアルバム数は約100枚前後。

 

 

100枚と言ってもアルバム収録数や、曲のデータ容量によって変わってきますので必ず100枚入るわけではありませんので気を付けてください。

 

 

 

しかし、トーンモバイルのスマホは最大256GBまでのSDカードを認識することができるので、SDカードを入れればアルバムは何枚でも入れることができるんです。

 

 

ものすごく多い量のアルバムを入れたい場合はSDカードを使い分ければアルバム数は気にしなくていいかもしれませんね。

 

 

音楽を取り込む時はウェブアプリ「One」を使う

 

スマホへ音楽を取り込む時はOneというウェブアプリケーションを使って取り込むことになります。

 

トーンモバイルのスマホへ画像や音楽を取り込むアプリケーション「One」

 

トーンモバイルの公式サイトにOneの詳しい説明が書かれています。

 

TONEモバイルの公式サイトで詳しく見てみる!

 

 

Oneとはトーンモバイルが提供する総合データ管理アプリで、パソコンにOneのソフトをインストールすることなく使うことができるトーンモバイルの公式サイト上にあるソフトなんです。

 

 

Oneで管理できるデータは主に4つ。

 

  • 音楽
  • 動画
  • 写真
  • ファイル
  • ドキュメント

 

 

トーンモバイルが提供しているiTunesのようなものと思えば分かりやすいかもしれませんね。

 

 

音楽をOneと使って取り込む流れはこのような流れになります。

 

 

Oneを使って音楽を取り込む流れ

 

  • 音楽をOneに読み込ませる
  • スマホからOneを見ると音楽ファイルがアップロードされている

 

 

パソコンとスマホを接続する必要はなく、パソコンからOneに音楽データを取り込めば、スマホにあるOneアプリを見ると音楽がとりこまれていて再生できるようになっているんです。

 

 

ストリーミング再生のように音楽を聴くことができるんですね。

 

 

音楽データを直接入れたい場合はWindows Media Playerを使う

 

 

もし、音楽をスマホに直接取り込みたいという場合はWindows Media Playerをプレイヤーを使えば音楽をスマホへ取り込むことができます。

 

Windows Media Playerならスマホへ音楽を取り込める

 

パソコンとスマホを接続するとWindows Media Playerでスマホを確認することができ、音楽をスマホへ移動することができます。

 

 

 

CDからパソコンへ音楽を移動する場合もWindows Media Playerを使えばできるので、トーンモバイルを使っている人はこれからよく使うことになるかもしれません。

 

 

Windows Media Player の入手はこちらからーMicrosoft公式サイトへ

音楽の音質はイヤホンの性能に依存しているところが多い

 

気になるトーンモバイルスマホの音楽品質ですが、よく音楽を聴く人には物足りない音質かもしれません。

 

 

トーンのスマホは音楽に特化した性能ではないですし、価格帯、性能の格安スマホを始めて使う人に設計されているので、そんな所を考えると仕方がないことかもしれません。

 

 

それでも、トーンモバイルのスマホで、できるだけいい音楽が聴きたいという場合はイヤホンの性能を上げることでカバーすることができます。

 

 

イヤホンと選び方でオススメなのはやっぱり実際にお店でイヤホンを試して聞いてみること。

 

 

イヤホンは安かろう悪かろうの部分もありますが、安いのは500円くらいから何十万円するものまで幅広く、各メーカーによって同じ価格帯のイヤホンでも大きく変わってきます。

 

 

イヤホンメーカーでも聞く曲のジャンルで、オススメのメーカーが変わってくるので、トーンのスマホで最大限にいい音質で音楽を聴きたいのであれば、店頭にトーンのスマホをもっていき、実際に音楽を聴きながら選ぶことをオススメします。

 

トーンモバイルのスマホでも音楽を聴くことができるし曲管理も簡単

 

トーンモバイルのスマホは内部容量は16GBですが、SDカードは最大256GBまで認識するので何百枚とアルバムを入れることができます。

 

 

スマホに曲を入れるのもOneというアプリケーションを使えば簡単ですし、使い方がわからなかったとしてもトーンモバイルの公式サイトには説明が書かれていますし、電話で聞くこともできます。

 

 

トーンモバイルのスマホだから音楽が聴けないということはないので、安心してください。

 

TONEモバイルの公式サイトで詳しく見てみる!

格安スマホで迷っているならLINEモバイルがおすすめ!



LINEモバイル


データプランは月額500円から、音声付きプランは月額1200円で使うことができて通信エリアはドコモなので圏外の心配はなし!ラインアプリを始め、有名SNSで発生するデータ容量は使った分としてカウントされないのでお得に格安スマホを使うことができます!ラインアプリを使って通話をすれば通話料は無料です!

どこの格安スマホにしようか迷っている。

そんな方にラインモバイルはすごくオススメなんです。

ラインモバイル公式サイトへ移動してみる